資金繰りで悩む前に経営者が利用すべき4つのサービス

資金調達・資金管理・事業計画書の作成をサポート

なぜ、資金繰りに悩むのでしょうか…
資金に行き詰まる理由は企業によって違いますが、資本が少ない中小企業はどうしても先行投資型の構造となり、繁盛してもしなくても、いつも資金に悩まされてしまいます。
そんな資金繰りの悩み、そろそろ改善しませんか?

資金繰り・資金調達に関してたいへん多くのお問い合わせをいただいていることから、現在、お電話(フリーダイヤル:0120-371-303)とお問い合わせフォームによる直接のご相談を最優先して受け付けております。

近日開催予定の「資金繰り改善」セミナーについてお問い合わせいただいているお客さま、並びに当セミナー開催をお心待ちにしていただいてるお客さまにはご不便をおかけしますが、今しばらくお待ちください。

なお、「資金繰り改善」セミナーの詳細につきましては、「資金繰り改善」セミナー開催のお知らせをご確認ください。

こんなことで悩んでいませんか?

  • 会社に財務担当や部署がない
  • 経営者が財務部門を兼任している
  • 黒字決算なのに融資を断られた
  • 決算は赤字だが挽回資金を確保したい
  • 保証協会の枠が一杯でこれ以上借りられない
  • リスケジュールの交渉がうまく行かない
  • 経営革新計画の承認を受けたい
  • 資金繰り表や事業計画書って?
  • 資金繰りの悩みを根本から改善したい

資金繰りの悩みを解決するこのサービスの特徴

  • 企業側の立場で交渉

    資金繰りの相談で一番大切なことは、「どうやって企業側の要望を金融機関の融資担当者に受け入れてもらうか?」を考えながら対応すること。私たちG.F.Iは常に企業側の立場に立って。実行可能な資金繰りの施策を考えます。

  • 金融機関の立場でアドバイス

    G.F.Iの資金調達アドバイザーは、金融機関の管理職として豊富な経験と実績を持っています。資金調達を円滑に行うために「金融機関の本音」をしっかりつかんで、融資担当も納得する企業の資金調達を支援しします。

  • 資金繰りの問題に素早く対応

    銀行や信金融資(借入)での資金調達・資金繰りを円滑に行うには、実現性の高い事業計画書と資金繰り表の作成が大切。しかし作成には時間と労力が必要です。年間200件の作成実績がある私たちG.F.Iにお任せください!


資金繰りの悩みに応える4つのサービス

  • 資金調達の悩み、本当に相談すべき相手とは?

    <資金調達のご相談>

    資金調達の悩みは、早め早めに専門家に相談するのが解決の早道です。
    「お金の専門家」で思い浮かぶのは税理士さんや会計士さんですが、あくまで税金のプロであって、資金調達のプロではありません。
    G.F.Iでは金融機関の管理職として経験と実績のある、ホンモノの資金繰りのアドバイザーがご相談に応じます。 

    <3つのポイント>

    • 企業側の立場に立った対応
    • 専門家を財務部門として活用
    • 事業の成長を促す資金繰り方法を選択
  • 金融機関がすぐに始めたくなる「自信ある融資」とは?

    <新規融資調達のサポート>

    長引く不景気の影響で、経営者の人柄や過去の取引実績で融資判断することは少なくなってきた今、金融機関の融資担当者が「これなら融資したい」と納得する「的確なアピール」をできるかどうかが、資金調達のカギになります。私たちG.F.Iの資金調達アドバイザーは、企業側の立場で「的確なアピール」をお手伝いします。

    <3つのポイント>

    • 利益の道筋の明確化
    • 説得力あるキャッシュフローの提示
    • 金融機関が納得する会社の将来像
  • 企業の将来がしっかり見通せる、資金繰り表を作ります

    <資金繰り表の作成をサポート>

    融資(銀行借入)での資金調達・資金繰りや返済猶予(リスケ)での経営改善・会社再生、起業(創業)資金の調達に欠かせない融資審査資料である「資金繰り表」。
    G.F.Iでは、現金の過不足を予測できて、早め早めに融資の対応が可能な資金繰り表を作成します。

    <3つのポイント>

    • 現金の実績と予測の確実な管理
    • 現金の過不足の理由をしっかり検証
    • 先を見通して早め早めの融資対策
  • 金融機関が安心する計画書を専門家が作成します

    <事業計画書の作成をサポート>

    金融機関からの資金調達に欠かせない事業計画書。しかし、金融機関が安心できる事業計画書の作成には時間と労力が必要なので作成もなかなかたいへんです。
    G.F.Iでは事業の「コンセプト・目標・優先順位」が明確で具体性に富んだ事業計画書を作成します。

    <3つのポイント>

    • 強みの活用と弱みの改善を説明
    • 算出根拠が明確な売上計画
    • 経費圧縮による経営努力が見える計画

どんなことでも相談に乗ります 資金繰りだけではありません

資金繰りは会社の将来を左右する大切なこと。でも経営者の悩みはそれだけではありません。
私たちG.F.Iは、会社の経営に関することから経営者ならではの「気になること」や「心配事」まで、どんなことでも相談に乗ります。


ご相談・お問い合わせはこちらまで

【株式会社G.F.I お客さまご相談窓口】

フリーダイヤル:0120-371-303

月から金:9時から18時(土・日・祝日・年末年始を除く)
携帯電話・PHSでもご利用になれます。

ホームページからのお問い合わせは、コチラをご利用ください。